ママナチュレ ベジママ

ママナチュレとベジママの違いは?

ママナチュレとベジママは似ているような商品なのですが、どんなところが違うのでしょうか?どちらも妊活中の方から、出産を終えて、授乳中の方までが飲めるようなサプリなのですが、お存知でしたか??

 

さて、ではママナチュレとベジママはどこがどう違うのでしょうか?きっとママナチュレとベジママでは、含まれている主成分が違いのでしょうが、なにがどう違うのか疑問に思ってので、ママナチュレとベジママを比較してみたいと思います。

 

二つを比較してみた結果を、少し書いてみたいと思いますので、ママナチュレとベジママの比較結果をご覧ください。

 

【ママナチュレとベジママの比較】

 

<ママナチュレの主成分>

 

葉酸 400μg   先天性異常(赤ちゃん)のリスクを防ぐ
マカ         排卵機能を高めてくれます
ピニトール      ミネラルが豊富です
ビタミン・ミネラル  妊活〜妊娠中までの大切な栄養     鉄分         赤ちゃんに栄養を届けます
ザクロエキス     ポリフェノールが豊富です
乳酸菌        整腸作用があります
ルイボス末      抗酸化作用があります
大豆イソフラボン   女性に優しい成分です

 

ママナチュレには、上記のものが含まれています。

 

妊活中〜妊娠中の栄養を、しっかりとサポートしてくれる成分が豊富です。

 

これだけお母さんにも、赤ちゃんにも優しい成分が含まれていて、
ママナチュレを飲んでいるだけでも、なんか心強いですよね。

 

<ベジママ>

 

ルイボス       抗酸化作用
葉酸 400μg   妊活中に必須の栄養素
ピニトール      植物由来成分
ビタミンC       活性酸素を防ぐ
ビタミンE       老化を防ぐ
ビタミンB12      葉酸の吸収を手助けする

 

ベジママには、以上のような成分が含まれています。

 

すごいことにベジママは、多嚢胞性卵巣症候群に悩んでいる方には、強い味方のようです。

 

多嚢胞性卵巣症候群の方がベジママを飲んで、自然妊娠したという話もあるようですし。

 

悩んでいる方は一度試してみるといいかもしれないですね。

 

ママナチュレとベジママの成分を、比較してみると、含まれている成分は少し違うように気がします。

 

ただママナチュレのほうが、少し成分が多いようですし、妊活中や
出産後のお母さんの方たちににも、体に優しい成分も多いようです

 

それでも、ママナチュレとベジママは、妊娠中〜授乳中の方の体をサポートしてくるということは、間違いがないようです。

 

【ママナチュレとベジママの比較のまとめ】

 

いかがだったでしょうか?ママナチュレとベジママの主成分の比較をしてみました。

 

ママナチュレとベジママの、両方共にも葉酸、ピニトール、ルイボスが含まれていますが、それ以外は違うようですね。

 

あと、ピニトールの原料も違うようです。

 

ママナチュレは、イナゴ豆から作られており、ベジママはアイスプラントという植物から作られているようです。

 

ただママナチュレは、その他体にいいものばかりが多く、含まれている成分も多いので、妊活中〜授乳中まで安心してサポートしてくれます。

 

このままでは、きっと疑問ばかりが残ってしまうと思うので、一度ママナチュレの公式サイトをのぞいてみてくださいね。

 

きっと疑問に思っていることも、払しょくできると思います。良かったら、お時間のある時にでもみて見てくださいね。

 

>>ママナチュレ葉酸サプリの詳細はコチラ

関連ページ

ママナチュレ葉酸サプリは妊娠中にも効果的?【飲むタイミング】
ママナチュレ葉酸サプリは妊活中、妊娠中の方にが飲んでも平気なのでしょうか?ママナチュレ葉酸サプリが妊活中、妊娠中でも平気なのか飲用している方の、口コミをみて見たいと思います。
ママナチュレ葉酸サプリはアトピーの人でも飲める?副作用情報
ママナチュレ葉酸サプリはアトピーに方が飲んでも大丈夫なのでしょうか?ママナチュレ葉酸サプリの成分がアトピーに飲んでも大丈夫なのか、検索してみたいと思います。